会社概要
TP Checkerとは 費用対効果  GPSナビ・システム  スポーツモデル  トラック・バスモデル
ナビ・ワンセグ機能内蔵モデル  iPhone/iPad対応型モデル
 TP Checkerとは

TP Checker(TPチェッカー)とは、タイヤ内部にセンサーを埋め込むことで、走行中のタイヤ空気圧と温度をチェックし、タイヤが危険な状態に陥った際にはモニターにて警告灯表示とワーニング音でドライバーへ知らせることで事故を未然に防ぐことができるものです。
TPMS=(Tire Pressure Monitoring System)
TP Checkerは、ISO/TS16949の規格品です!

バースト事故映像=1分30秒後

アメリカでは2008年度より発売される全ての車両にその装着が義務づけられています。
※日本でもTPチェッカー義務化の動向!

TP Checker(TPチェッカー) タイヤの空気圧を監視

自動車は空気圧不足のままで走行すると、大幅に燃費が悪化したり、空気圧不足によりタイヤの変磨耗を引き起こします、TP Checker(TPチェッカー)を使用すると、リアルタイムでタイヤ内の空気圧や温度を把握出来るため、無駄な燃料消費が抑え、タイヤの寿命を長く保つ事が可能となります。
走行中のタイヤ空気圧と温度をチェック。 その安心がドライブする喜びへと繋がります。

ワイヤレス受信機 TP Checker(TPチェッカー) TP Checkerfの各パーツ
TP Checkerのシンプルな取付方法(pdf) 取付作業手順での重要事項補足

TP Checkerはタイヤ内に装着するセンサーで、タイヤ空気圧及び温度を運転席に装着したモニターに無線電波により送信。

送信する電波の周波数帯はTP Checker独自に認可を受けた周波数帯(449.775Mhz)を使用。

高出力が可能な完全ワイヤレス化を実現。

部品点数が少なくどこのタイヤ工事店でも簡単に設置工事が可能。

TP Checker 2006SEMA受賞

2006 SEMA BEST New Product Awardsを受賞
TPチエッカーが2006年SEMAショーで、2006SEMA BEST New Product Awardsを受賞しました。アメリカの厳しい製品基準をクリアし、アメリカの自動車マーケットで認められたTPチェッカーです。
SEMAとは(Specialty Equipment Market Association)米自動車用品工業会。自動車のカスタム化と性能アップに必要なアフターマーケット製品包及う商業団体になります。


 タイヤ空気圧の重要性

なぜタイヤ空気圧・温度をチェックする必要があるのか?

 2000年に米国で起きたタイヤバースト問題で、タイヤのトレッドが高速走行時に剥離し、横転事故の原因になると社会的問題になりました。原因はタイヤなのか、車両にあったのかは決着がついていませんが、タイヤ空気圧不足が一因と指摘されています。
 この問題をきっかけに,自動車の安全性に関する規制「TREAD法(Transportation Recaii Enhancement Accountabiiity and Document Act)」が成立し,タイヤの空気圧不足を警告する装置(TPMS:tire pressure monitoring system)の装着が義務付けられました。最新のルールによると2005年10月に20%,2006年9月に70%と段階的な装着義務付けを経て,2007年9月から米国で販売する車両はすべて,TPMSを装着しなくてはなりません。

 欧米でのTPMSへの関心について自動車を使用するユーザーの多くが、タイヤの日常点検を怠っています。
タイヤは正に自動車の構成パーツの中で最も安全性を必要とするコンポーネットである事は疑いもない事実です。道路に接触しているゴム部には、「摩擦」「操作・操舵」「磨耗」を繰り返し、タイヤというパーツが仕事をしています。このタイヤに突然トラブルが発生し、特に高速道路上でトラブルが発生した場合は、重大な二次災害をもたらす可能性があります。
 タイヤ空気圧の日常管理を怠る事で、タイヤが原因で恐ろしい事故を起す要因になるという事実を、再認識する時に来ています。貴方はこの統計をご存知でしょうか?


アメリカだけで年間に発生する約250,000件の事故が、タイヤ空気圧の欠乏によって起こっているのです。
タイヤ空気圧を適正に保つ事で、燃料消費率を10%も節約する事が可能です。

欧州で走行している白飴車の40%もが、ドライバーの認識不足でタイヤ空気圧が不足している状態で走行を続けています。これは自動車の安全性に大きく関わり、燃費の悪化やタイヤの異常磨耗を招き、最悪のケースとしてパーストという事態をもたらす事になります。

イギリスでは80%もの車両が、タイヤが原因で車検に適合しないという調査結果が出ました。
タイヤは正しい空気圧がら半分技けていたとしても、見た目では殆ど分がりません。

 どんなに性能の良いタイヤを使用していても、適切な空気が充填されていなければ、その性能を発揮する事すら出来ず、あわよくぱ大事故を起す要因となりかねます。
 空気圧の確認は、タイヤパースト等で損失する金額に比べれば、遥がに小さな投資で済むという事です。
NHTSA(米国高速道路交通安全局)では、タイヤ空気圧監視システムの取り付けによって運転者に警告を促せるようになれは、アメリカだけで毎年79名の死者と10365名の重軽傷者の発生を防ぐ事が出来ると推定しています。



 資料(pdf)
「第3回低燃費タイヤ等普及促進協議会」開催日等 2009.3.19
「低燃費車導入条例で促進-CO2削減運輸部門強化」2009.1.24
国交省・経産省「普及促進協議会を設置」 物流wekly 2009.1.19
MSN産経ニュース 2008.6.5
「内側のタイヤパンク」読売新聞ニュース 2008.4.15
運転席でタイヤ空気圧確認「特定小電力」認可へ 2006.12.13
タイヤ空気圧監視システム標準化調査報告書
高速道路でのタイヤバースト事故における危機管理について
米国における自動車産業の動向
TPMS:Tire Pressure Monitoring System
新しい販売マーケット=TPMS(タイヤ空気圧センサー)の展望

 映像資料(wmv)
・テレビ東京「ワールドビジネスサテライト-トレンドたま」
TP Checkerの取付け解説
TP Checkerの解説と開発メーカーへのインタビュー

TP Checkerは、Formula NOPPON 2008参戦TEAM IMPULのスポンサー活動を行っております。

 

TP Checker についての ご質問、ご意見などは、お気軽にお問い合わせ下さい。

〒351-0025 埼玉県朝霞市三原2-5-7   TEL 048-464-0009  FAX 048-465-0096

|  リンク  |  会社概要  |  社員募集  |  お問い合わせ  |
Copyright © 2008 lodging.All Rights Reserved.